中高年におすすめの、効率の良い口臭予防

長く生きていると本当に思いもよらぬ部位に思いもよらぬ難が出てくるものです。私だって最初から中年だったわけではありません。
若いころは、口臭のキツい上司や親戚のおじさまおばさま方に接すると、「何故そんなニオイがするようになるのか」と違う種類の生き物の様に感じていましたとも。

けれども抗うことのできない時の流れにより、起床時・朝食後・昼食後・夕食後にきちんと歯磨きをしていても口臭が気になる年代になってしまいました。
そんな私が心がけている口臭対策は、①就寝前のマウスウォッシュ、②気になったときにすぐに歯間ブラシ、③時間がないときの殺菌スプレー、の3点です。

①就寝前のマウスウォッシュ・・・どんなに丁寧に歯磨きをして寝ても、それだけで起床時に口の中がすっきりしていることはまずないでしょう。
けれど、デンタルリンスで口をゆすいでから寝ると、口内の雑菌が一旦ほぼ死滅するせいか、不思議なほど粘つきません。
②きになったときにすぐに歯間ブラシ・・・楊枝タイプや糸のこタイプなど色々ありますが、費用面から言うとデンタルフロスが一番良いです。
③時間がないときの殺菌スプレー・・・仕事中など、歯磨きやフロスができない時は、シュッと一吹きで口内を殺菌します。