クレンジングミルクを購入する時に気を付けたいポイント

クレンジングには色々な種類があります。オイルやジェル、クリームなどが一般的ですが、肌への刺激がマイルドなものを選ぶならミルクタイプでしょう。洗う力が強すぎると、メイク落としとしての効果は十分に作用しますが、乾燥肌の人にとっては効果が強すぎるかもしれません。色々なメーカーがミルククレンジングを発売するようになったため、どういう基準で選べばいいか分からなくなります。単純に洗浄力を比較すると、オイルクレンジングのほうが油分を分解する力が強く、ミルククレンジングは汚れ落とし効果が控え目です。それだけ肌への負担が少ないといえるのですが、洗浄力が弱すぎるときちんと汚れを落とすことができません。クレンジングミルクの中でも、洗浄効果がしっかりあるタイプを選択するといいでしょう。ミルククレンジングの中には、保湿成分が含まれていて、乾燥対策に使えるものもあります。クレンジングは、化粧を施した日は必ず使うものですので、どんな成分が含まれているかはきちんと把握しておきましょう。水で洗い流すクレンジングと、ふき取るクレンジングは、水で洗い流せるタイプのほうが、汚れ落ちもよく、肌への刺激も小さく済みます。毎日のケアでは、水で洗い流すことを前提として、クレンジングを選択するといいでしょう。クレンジングには鉱物油、香料、着色料などの添加物が含まれている場合があり、肌に負担をかける成分となっています。敏感肌や乾燥肌なと、肌への刺激を極力減らしたい人は、無添加タイプのクレンジングミルクがおすすめです。デトランスα